抜け毛 育毛 頭皮 フェヌグリークとオイルマッサージで増えた、伸びた【実際画像】

今回は。

抜け毛4回目。 

育毛目指し、頭皮の衰退した毛穴の活性化を目指し、フェヌグリークとオイルマッサージで半年ほど経過。。。

効果はあったのか。。

増えた!伸びた!ご報告です。

下に写真貼っておきますけど、、、こんなに抜けていたの。。

と思うほど、短いのがかなり出てきて髪を縛っても、なかなかかっこよくまとまらないな・・・・って思ってた原因が、、これでした。

 

5cm弱な長さの髪の毛がちょうど、鬼ちゃんの角のあたりに左右。。

ピンク○囲いの辺りです。

って事はやっぱり髪の毛てっぺん結構抜けていたんですね・・

ピンクの○あたりの毛がないって、、一般的にハゲていく過程そのもの。。。ですよね。

今は髪の毛縛ってもまとまらないのを嬉しささえ感じっます・・。

頑張ってよかった。もう少し頑張ろ~♪って。

今時期暑くてなかなかシャワーで済ませてしまうことが多いので今は週二回ぐらいの頭皮マッサージで安定してます。。

マッサージしてて思うのは、やっぱり髪の毛が薄くなっているてっぺんは、頭皮も固いですね。今も固いなって思います。

 

疲れとか、まーストレスを感じると頭皮ダメージも大きく、、頭皮毛穴の血行も一気に悪くなるそうです、、、

働きざかりのみなさん。。ストレスっ受けた日は、

フェヌグリークとオイルマッサージで頭皮毛穴逆に開いてあげましょう!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

フェヌグリークとオイルマッサージ

・ひまし油+フェヌグレークで頭皮マッサージ 一時間ぐらい漬け込んだ方が効果あるみたいです!

(ココナッツオイルプラスのお勧め、ひまし油だけだど、ちょっと重いペーストでベタベタするのですが、ココナッツオイルがあるとわりと髪の毛へのなじみがよろしいです。)

 

 

・フェヌグリーク入りスプレー(精製水で) お好みで。

前の記事に書いてあって、しつこいよって思った方スルーしてくださいな。。

いつもiherbさんで購入するのですが、、

フェヌグリークが安いんです、380円ぐらい?

ふりふりしてもかなりもちます!人気で売り切れが多いので在庫がなかったらお知らせ申請をお勧めしますよ!

肌に合わない方のためにも、安いのでお試しをお勧めします。

それと、ココナッツオイルはやっぱり、オーガニックがお勧めです。

いろいろ種類がありますが、ヴァージンがエクストラヴァージンココナッツがお勧めですよ。

 

抜け毛3 育毛 フェヌグリークをマッサージオイルに混ぜて頭皮に浸透させる!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

マッサージの仕方

は友達の美容師さんに教わったのですが、色々参考にしてやってます。

アデランスさんのが一番しっくりきた書き方かな・・と思って参考にさせて頂きながら抜粋しました。

 

・掌で小さい円を描くよう、頭全体を押しながらもみほぐす。


・指の腹で頭皮を押さえつけるようにし、指先に力を入れて小さい円を描くように頭全体をもむ。頭皮自体を動かすようにやるのがポイント。


・圧迫法によって頭皮全体をリズミカルに刺激する。あまり力を入れ過ぎて、ギューギューしてはだめです。


・頭の両サイドと襟足から頭項部に向かって、指先で頭皮を軽くマッサージ。桃を触るように頭皮が浮くように優しく!



・両手の親指で、深呼服するようにゆっくり。最初は額中央から後頭部に向かって、次に両サイドを前から後ろに、最後に耳の上からあごに向かって、耳の周りを半周するように押していく。

※順番は私はあまり気にしてないです。


・右手の親指を右のこめかみに当て、残りの指を額の生え際に。左手の親指を襟足の左側に当て、残りの指をこめかみあたりの生え際に置く。


・この状態で両手に同時に力を加えて、頭全体を上に引っ張り上げるようにし、ゆっくりと手を離す。左右の手の位置を入れ替えて、同じ動作をくり返す。

 

頭皮マッサージって、若返り、、顔のシワとかにも効果あるんですよね。

好い事ずくし!

 

個人的に樋口先生(美容科)が大好きで良く見て参考にさせてもらってます。※こちらは抜け毛じゃあないかな。。?

でも参考にしてください、樋口先生の頭皮がめっちゃやわらかいんです!

こんなになれるの?って思うぐらい。

男性のみなさんも、毛も生やして顔も引き上げちゃいましょう!

 

 

こちらも読まれています。

抜け毛3 育毛 フェヌグリークをマッサージオイルに混ぜて頭皮に浸透させる!

 

ルイボスティーが薄毛 白髪改善頭皮臭に効果あり!

 

ヘナで白髪染めがお勧め2 抜け毛にもいい 実際の写真です!

 

抜け毛対策2 ビオチンと原油シャンプー

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする