カラテカ入江のせいであの大物ロック歌手が大ピンチ!『T―BOLAN』の森友嵐士さん現在はどんな活動?年齢は?病気は?

こんばんわ。

ついこの間の日刊現代さんで、取り上げられていた、カラテカ入江の芸能界追放であの大物ロック歌手が大ピンチ !

という事で今回の宮迫さんたちの吉本報道の話を持ちかけてきたとされている、、カラテカ入江さん。

友達5000人はいいけどお、、そもそもそんな話もってくるな!って思ったのは私だけ?

みんな巻き込まれ・・・・?

ま、嘘ついたりしてたのは事実だとしてもも、かなり重大な事件となってしまったのは確かですね。

色々見ていたら、日刊現代さんの記事で『T―BOLAN』の森友嵐士さんがカラテカさんととっても仲良しでいつもパーティーなんかには呼ばれてきていたから、、心配の声が上がってました。

 

『T―BOLAN』の森友嵐士といえば・・・と思って色々調べたくなりましたのでまたのせておきますね。

まあ、若い世代の方は知らないと思います。40代~から青春をおもいださせるヒット曲が多々。

 

『T―BOLAN』森友嵐士さんプロフィール 年齢は?

もりとも あらし

生年月日:1965年10月30日 

現在年齢:54歳でした!

広島県府中市出身

東海大学理学部化学科卒業 化学の教員免許を取得している!びっくり。

血液型:AB型。
90年代に活躍したバンド「T-BOLAN」のボーカリストとしてデビューし、T-BOLANのほとんどの楽曲の作詞・作曲を手掛けていました。

関連画像

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

病気は

1999年12月、喉の不調が「心因性発声障害」との事でしばらくお休みしていました、、

原因も治療法も不明の病気な事から森友さんがメンバーに迷惑をかけないように申し出てT-BOLAN解散。以降、音楽活動を休止していました。

そうそう、こうあの歌声はきけないのか???って思っていました。。

精神神経症的なもので、叱責や驚愕等精神的外傷や心理的葛藤のあとに生じる発声障害のことで、症状により痙攣性発声障害、心因性失声症、心因性仮声帯発声に分けられます。 … 治療は困難なことが多く、心理療法に抵抗する場合があり、発音練習が有効なことがあります。

心因性発声障害 | – ゆげ耳鼻咽喉科

売れっ子アーティストでしたので心労もあったのでしょうね。。

その後の活動

声の病気になられてから、、2年後に活動再開されていますね。

心の回復が声の回復なんでしょうね!そういう意味では強い!ですね。

 

2001年10月1日から、ラジオ日本で『森友嵐士のアラシを呼ぶぜ!』のパーソナリティを務める。ラジオから始まって、、作詞、作曲をこなして行き、、またご自身の曲もだされていました。2005年に「One Room」発売。

2015年、鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)とmorioniを結成、2月18日にmorioniシングル「サヨナラは歩き出す」をリリースもしてました!

よかった。です。声がでなくても、、、作詞、作曲、他も凄い多趣味な方なので色々な才能が強みですね。。

でも、森友さんの歌声がまた聞けるなんてファンは嬉しいですよね。

 

まとめ

29歳で結婚、離婚されていてお子さんは2人いらっしゃいますね。。離婚とかの内容についてはたくさん調べてらっ者る方がいるのでここではふれませんが。

現在は、山梨県の片田舎に在住されるみたいです。。。

お子さんの為にも早く治るらなきゃって思ったのがきっかけで復活されています!

噂ではカラテカ入江さんの違約金は5億?なんていわれてます。。

森本さんにはまだ影響はなさそうです。

森本さんには、ファンの為にも黒い噂が立つようなところへ行ってほしくないですね。。。

 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする